慢性化しやすい皮膚病

顔に触れる女性

皮膚病のなかでも、患っている方が少なくないのがアトピーです。皮膚のバリア機能が弱い方やアレルギーを起こしやすい方がかかりやすく、慢性化しやすい皮膚病なのです。症状が良くなったと思ったら、急に悪化するなど再発しやすいことも特徴です。症状は、赤みを伴う湿疹と強いかゆみで、掻きむしってしまうことによって肌が傷つくことも悪化の原因となります。家族にアトピーやアレルギーを持っている方がいる場合、それを引き継ぐこともありますし、肌に合わない石鹸や化粧品を使うことで肌のバリア機能が弱めることもアトピーを引き起こす要因となる可能性があります。アトピーの湿疹やかゆみは本来、身体の中に侵入してきた細菌やウィルスを撃退するために身体が戦ってくれている反応なのです。しかし、その反応が過剰になってしまい、戦う必要のないものとも戦おうとするために皮膚の湿疹やかゆみが続いてしまうのです。そのため、皮膚に刺激やストレスが加わり続けることはアトピーを悪化させてしまう原因となります。肌に合うものを厳選して使用し、なるべく刺激を与えないようにすることが大切と言えるでしょう。また、皮膚に潤いをしっかりと与えてあげることも重要です。肌のバリア機能を強くしてあげるには、十分な保湿が必要なので、刺激の少ない基礎化粧品を選んで肌を乾燥させないようにお手入れをしてあげるとよいです。最近ではアトピーでも使用できる優しい基礎化粧品が増えていますので、選択肢も幅広いです。パッチテストで自分の肌と合うか確認をしてから購入するとよいでしょう。